• 料金
  • アクセス

変形性股関節症について

股関節の悩みである変形性股関節症ですが、原因と症状は次のとおりです。

変形性股関節症の原因と症状

変形性股関節症になる原因で多いのは、まず臼蓋という大腿骨と組合わさる部分の形成が不完全になっていることです。
それを臼蓋形成不全というのですが、鍵となるのがおむつの巻き方です。
かつてはおむつを巻くときに、まっすぐな布で足を伸ばすことが主流でした。
それでは、股関節が無理な形で伸ばされることになるので、臼蓋が形成不全になる子どもが多発しました。
 
それから、股関節の発達が未熟で、おむつなどの影響で脱臼する先天性股関節脱臼になっている場合にも、年をとってから変形性股関節症になりやすい傾向にあります。
臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼だと、骨と骨が擦り合わさりやすく、結果として骨がすり減り変形しやすくなります。
 
骨がすり減り変形すると、炎症が引き起こり股関節の腫れや水がたまるようになります。
その腫れや水が痛みを生み出します。なお現代はおむつの形も変わり足を開く形で巻けるようになり、これらの問題は解決されています。
 
続いて変形性股関節症の症状ですが、最初は歩いたり立ち上がったりするときに痛みが出てくる程度です。安静にしていれば痛みは治まります。やがて症状が進行すれば、何もしていなくても痛みがでるようになり、股関節がほとんど動かなくなります。また痛みのある足をかばうようになり、跛行という足を引きずる歩き方をするのも特徴です。

変形性股関節症は当院にお任せください

変形性股関節症でお悩みの方は当院にお任せください。

当院では、カウンセリングや検査を徹底しておりますので、原因のわからない症状でもまずはご来院下さい。

初回限定キャンペーン実施中

初回限定クーポン

大阪府交野市 | かたの骨盤整体院のお問い合わせ

お問い合わせ

院名 かたの骨盤整体院
住所 〒576-0052
大阪府交野市私部7丁目55-3
受付時間 午前 9:00~12:00
午後 15:030~20:30
休診日 火曜・日曜

Google Map

GoogleMap