• 料金
  • アクセス

テニス肘について

テニス肘の主な原因

テニス肘はテニスプレイヤーが起きやすい関節痛の総称であり、その正式名称を腕骨外側上顆炎といいます。

テニス肘が発症する原因としては、全身の力をボールに伝えるためにラケットで打つ際に腕をねじる動作を加えるのです。この腕をねじる動作を加えることで力が集約されボールが加速するのですが、その動作を続けることによって上腕と肘に多大な負担がかかります。

テニス肘の症状

テニス肘を発症すると動かすたびに激痛が走ります。筋肉を回復させる食事メニューや発症後の適切なケアなどが重要になります。

1か月たっても痛みが引かないときには、神経まで傷ついている恐れがあるため、病院を受診する形になります。病院で神経の縫合手術を行い、リハビリが必要となります。

違和感を感じられた際にはできるだけ速やかに当院へお越しください。

テニス肘でお悩みでしたら当院へお任せください

テニス肘でお悩みなら、かたの骨盤整体院へお任せください。痛みの根本にアプローチした精一杯の施術をさせて頂きます。

また症状のご説明や発症後の適切なケアなど、改善のためのアドバイスもさせていただきます。早期発見のために、少しでも痛みを感じましたら早めの受診をお勧めいたします。まずはお気軽に当院へご相談ください。

初回限定キャンペーン実施中

初回限定クーポン

大阪府交野市 | かたの骨盤整体院のお問い合わせ

お問い合わせ

院名 かたの骨盤整体院
住所 〒576-0052
大阪府交野市私部7丁目55-3
受付時間 午前 9:00~12:00
午後 15:030~20:30
休診日 火曜・日曜

Google Map

GoogleMap